カギを無くしたけど窓から入れるから大丈夫

以前、「自宅のカギを無くしたけど窓から入れるから大丈夫」といった投稿をネットで見かけたことがあります。それとよく似たケースが私にも当てはまるのですが、忘れ物をして会社に取りにいった際にカギが掛かっている場合には、サッシ窓が多い会社なので会社の周りをグルッと一回りをすると、1箇所くらいはカギの掛かっていない窓がありましたね。

ところで、そのように窓から侵入するというのは、空き巣の常套手段なのだそうですね。空き巣の半数以上が、窓から侵入するようなのです。カギの掛け忘れた窓は当たり前のことですが、時にはガラスを割って侵入することさえあるようですね。それは、一戸建て住宅に限る話ではなく、マンションやアパートなど賃貸住宅においても同様のことが言えます。とくにマンションなどの場合には、マンションの裏のベランダから侵入することが多いようなのです。しかも1階はもちろんのことですが、2階や3階でも安心できないそうですね。

また、オートロック式のマンションにおいても、表側はセキュリティーが万全かもしれませんが、裏側ともなると通常のマンションと何ら変わらないと言えるでしょうね。おまけに、オートロックのマンションに住んでいるということで、防犯意識が手薄になってしまうために戸締りを怠る人が多いようですね。そうした空き巣の侵入する手口については、窓ガラスだけではなく玄関の扉をバールなどの工具を使って、無理矢理にこじ開けて侵入する場合もあります。あるいは、すっかり有名になったドアノブの内側についているサムターンを、ドアの外側に居ながらにしてサムターム回しという裏技を使って侵入する場合もあります。

この前、テレビで空き巣の手口について放送していたのですが、空き巣の服装と言えば作業服や普段着の格好を連想してしまいます。ところが最近の空き巣の場合、セールスマンを偽装したスーツ姿の空き巣が多くなっているようですね。